FXや仮想通貨経験のある方も手を出しやすい差金決済取引としておすすめなCFD!評判のサービスを比較して紹介しています。

サクソバンクの画像1

おすすめポイント取引ツールの使いやすさに定評がある

サクソバンク証券株式会社は、デンマークに本社を構える「サクソバンク」のグループ会社です。2008年に日本進出を果たし、東京オフィスを開設。質の高いサービスを提供することで広く知られています。

サポートは24時間体制で対応しており、電話やメールでの問い合わせができます。取引についてはもちろん、取引ツールの操作方法や口座の開設の仕方にも丁寧に回答してくれます。

また、サクソバンクには銘柄の種類や数が異なる取引コースが3種類あります。取引したい銘柄に合わせて選ぶことができます。

そして、取引の心強い味方になってくれるのがサクソバンクが提供する取引ツール。機能が豊富で初心者から投資上級者の投資までカバーする能力を持っています。20日間無料のデモ口座を試して機能を確認することも可能なので、チェックしてみてくださいね。

社名 サクソバンク証券株式会社
本社 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー22F
連絡先 03-5511-6070 (代表)
代表者 代表取締役社長 伊澤 フランシスコ
設立 平成18年4月
資本金 4億9千万円
事業内容 金融商品取引法に基づく有価証券の売買、外国市場デリバティブ取引、市場デリバティブ取引および外国商品市場取引の委託の取次、店頭デリバティブ取引および店頭商品デリバティブ取引を扱う金融商品取引業
金融庁登録番号 第一種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
経済産業省許可 平成22・12・22 商第6号
農林水産省許可 指令22 総合第1352号
サクソバンクの画像

サクソバンク

取引ツールの使いやすさに定評がある

公式サイトで詳細を見る

サクソバンクの取引コース

サクソバンクの画像2

サクソバンクには3種類の取引コースが用意されています。取引コストの差はありませんが、コースによって取引できる銘柄の種類や数が異なるので、自分に合ったものを選んで利用しましょう。

■ベーシックコース

ベーシックコースは、人気の銘柄の取引ができます。まだCFDを始めて間もない方、初心者に最適なコースです。

口座の開設時には自動的にこちらのコースに設定されています。慣れてきたらアドバンスコースに変えてみるのも良いでしょう。

取引可能な銘柄は以下の通り。アドバンスコースに比べると銘柄は少ないです。

・貴金属(金・銀・プラチナ・パラジウム)
・株価指数
・VIX
・AppleやAmazonなどの米国株式
・テンセントホールディングスなどの中国株式
・商品(原油・天然ガス・コーン・大豆)※限月あり

■外国株コース

取引口座は3種類。AppleやAmazonなどの外国証券のほか、株価指数、個別株の取引も可能です。

もしサクソバンクでより多くの取引をおこないたいと考えていれば、外国株コースからアドバンスコースへの変更も可能なので、変更してみるのも良いでしょう。

■アドバンスコース

アドバンスコースは、ベーシックコースより取引できる銘柄が多いのが特徴。原油など限月のある商品のほかに、海外株、債券も取引可能で、すでにCFDや先物取引の経験をお持ちの方に最適なコースです。

取引銘柄は以下の通りです。

・貴金属(金・銀・プラチナ・パラジウム)※限月なし/あり
・商品(エネルギー・農作物・ソフト)
・個別株
・株価指数
・VIX
・株式指数
・債権
・国債

使いやすい取引ツール

サクソバンクの画像3

サクソバンクの取引ツールは世界中で高く評価され、数々の賞を獲得しています。

PC、スマホなどマルチに対応できるSaxoTraderGO、多機能で自由度の高いSaxoTraderPRO。どちらも魅力溢れるツールとなっています。

■SaxoTraderGO

SaxoTraderGOは、「動作スピードの速さ」、「操作性の高さ」、「シンプルな設計」の3つが大きな特長です。

ユーザーの声を基にシンプルな設計になっているので、直感操作性に優れています。インターフェイスは高速で、複雑な手続きに迷うことなくスピーディーに取引を済ませることができるので初心者にもやさしい作りになっていますよ。

PC、タブレット、スマートフォンのどのデバイスでも使用でき、Windows、Mac、iOS、Androidにマルチに対応しているため、外出先でも情報をスムーズに入手可能です。

マルチデバイス対応の強みを活かし、搭載している「テクニカル分析ツール」で市場の動向が分かりやすい環境を作るほか、スマホではプッシュ通知の設定ができるのでチャンスを逃すことなく取引できます。

■SaxoTraderPRO

SaxoTraderPROは取引額が大きく、取引頻度の多い投資上級者向けのツールです。PC(Windows、Mac)のみ対応しています。

多機能なのに、導入費用が一切かからないのは驚きですね。※歩み値の表示など、一部機能の利用は有料です。

操作性が優れているため、注文・発注のしやすさはバツグンです。チャート機能が充実していて、注釈機能や描画機能も揃っているので、市場の分析にも非常に役立ちます。

ほかにもたった2回のクリックで決済をおこなえるスピード感や、ロスカット回避に活用できる証拠金使用率のチェック機能など、SaxoTraderPROはまさに「プロフェッショナルツール」と呼ぶにふさわしい能力を有していると言っても過言ではありません。

デモ口座を開設して20日間無料でツールを試すこともできるので、興味のある方は利用してみると良いでしょう。

サクソバンクの画像

サクソバンク

取引ツールの使いやすさに定評がある

公式サイトで詳細を見る

100%信託保全で安心

サクソバンクの画像4

サクソバンクでは取引証拠金を預かっている間、「信託財産」として日証金信託銀行に預け入れ、保全しています。

日証金信託銀行と信託契約を結び、預かった証拠金全額を日証金信託銀行に保管。さらに公正な第三者として、社外の弁護士を「受益者代理人」に指定しているのもポイントです。

受益者代理人とは、「受益者に代わって受益者の権利を行使する権限を持つ人」を指します。

ルールとして、この受益者代理人以外が信託元本の出金ができないように決まっているのですが、正直なところ社内にのみ受益者代理人を置いている場合はどんな不正がおこなわれるか分かりませんよね。

そんな不安を解消するために、サクソバンクでは社外の弁護士を「受益者代理人」として指定しているのです。

これにより、サクソバンク証券が万一倒産してしまった場合でも証拠金がちゃんと返ってくる仕組みになっているので安心です。

まとめ

投資の世界の取引には何よりもスピードが重要視されますが、サクソバンクの口座の開設は公式サイトからたった5分で申し込みができ、最短2営業日で開設できるので思い立ったときにすぐ取引を始められます。

24時間のサポート体制で、取引についてはもちろん、取引ツールの操作方法や口座の開設の仕方などにも不明点にすぐに答えてくれます。

サクソバンクが提供する多機能な取引ツールは非常に有名で、世界中で高い評価を受け受賞暦があるほか、トレーダーの多くからも支持されています。

取引ツールは20日間無料のデモ口座を試して機能を確認することも可能なので、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

サクソバンクの画像

サクソバンク

取引ツールの使いやすさに定評がある

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
【NEW】新着情報

    no post

【CFD】おすすめのサービス5選!

イメージ
会社名
(サービス名)
GMOクリック証券DMM CFDIG証券サクソバンクOne Tap BUY/10倍CFD
おすすめポイントツールが豊富で24時間サポートが心強い銘柄が7つに絞ってあるから初心者にも分かりやすい便利なサービスを多数提供!歴史と実力を兼ね備える取引ツールの使いやすさに定評がある1万円の証拠金で利用可能
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
【CFD】おすすめのサービス比較5選はこちら